住宅ローンについて

住宅ローンについて

住宅ロ−ンには、大きく分けて「公的融資」と「民間融資」に大きく分かれます。
公的融資には、(1)公庫融資、(2)財形住宅融資、(3)自治体融資などがあります。
民間では、銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協、生命保険会社、
ノンバンク系
などの金融機関が住宅ローンを設定しており、一定の条件をクリアすれば、
原則として誰でも利用することができます。ただし、収入や職業、地域的なこと、
あるいはその時々の経済、金融などの状況で、制約を受けるケースがあります。

なお、住宅金融公庫が、金融機関から住宅ローン債権を買い取って証券化することで、
民間による長期固定金利住宅ローンを実現した「フラット35」があります。
いわば、公庫と民間が提携した新しいタイプの住宅ローンといえるでしょう。
『お借入金額からみたご返済額』ローンシミュレーション
『ご返済金額からみたお借入可能額』ローンシミュレーション
最新住宅ローン金利情報【日本金融通信社】
「変動金利型/短プラ連動」
年2回、金利が見直され、その金利が短期プライムレ−トに連動する。
「変動金利型/長プラ連動」
年2回、金利が見直され、その金利が長期プライムレ−トに連動する。
「固定金利選択型」
当初一定期間を固定金利とし、その期間経過後に変動金利に変更するか固定金利を更新するかを選択するタイプ。当初固定する期間は1年、2年、3年、5年、7年、10年、15年、20年と銀行によって 異なる。
「全期間固定金利型」
返済期間の全期間にわたって、当初契約した金利が固定される。

このほかにも、固定金利変動金利を半分ずつ組み合わせる「金利ミックス型」や、変動金利であっても適用金利に上限がついている「キャップローン」もあります